FPの仕事

FP(ファイナンシャル・プランナー)の市場価値は?適正年収を調べてみた

ミーダス1
FP(ファイナンシャル・プランナー)を目指す人はかなり多いのですが、その中の多くの人が疑問に思うのが…

  • そもそもFPは稼げるのか?
  • FPは評価されるのだろうか?

という点かと思います。

そこで今回はFPの市場価値(適正年収)を調べてみました。

FP(ファイナンシャル・プランナー)の人物像

日本FP協会が出した2017年7月現在のデータによると、AFP・CFP®認定者の中で生保・損保業界で働く人が全体の23%と最も多く、次いで証券業界16%事業会社14%となっています。

他にも、銀行などの金融業界の人や、学生・主婦の登録者が多いのもこの資格の特徴です。

ちなみに年代は40歳代34%と1番多く、次に50歳代29%30歳代19%となっています。

ただし、上記の年齢はあくまで“FPとして活躍している人”の年齢になります。
体感では受験者や合格者の年齢はさらに低いと思います。

そこで今回は、「男性」、「35歳」、「AFP保有者」、「生保業界勤務」の人を例にして、市場価値(適正年収)を調べてみました!

気になるFPの市場価値(適正年収)は?

今回、市場価値(適正年収)を調べるのに使ったのはMIIDAS(ミーダス)という転職サイト。

トラ丸
トップ画面はこんな感じ!スマホからでもアクセスできるよ!

ミーダス1

まずは簡単なプロフィールを打ち込んでいきます。

アウル先生
今回は「男性」、「35歳」、「AFP保有者」、「生保業界勤務」の設定で打ち込んでいきます。

ミーダス1-2

最終学歴なども打ち込んでいき、プロフィールは完成です。
ミーダス3

次に職務経歴です!現在も働いている人はその会社での勤務状況を選択していきます。
ミーダス4

雇用形態、年収、役席などを選択していきます。
ミーダス5

次に、実務経験(ビジネススキル)を選択します。
ミーダス6

最後が『語学・資格』のアピールになります!
ミーダス7

アウル先生
ここで忘れずに「ファイナンシャル・プランナー(AFP)」を選択しましょう!

他にも持っている資格があれば忘れずに入力しましょう。
ミーダス10

果たして結果は…

市場価値(適正年収)は『925万円』と出てきました!
ミーダス11

トラ丸
サラリーマンの平均年収と比べると高い結果が出たね![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]そうだね!ただし、資格だけではなく生保業界での経験もかなり考慮されての結果だから注意してください![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]なるほど!普段からFPに近い業務を行っていることが評価に繋がったんだね!

アウル先生
ちなみに、1,000万円以上の年収を提示してくれる企業もいくつかあったよ!

ミーダス12

トラ丸
1,000万円以上…これはすごい!
アウル先生
これはあくまで一例なので、良かったら自分でも試してみてくださいね!
学歴、ビジネススキル、資格などであなたの市場価値は変わるはずです!
トラ丸
自分の今の年収と市場価値を比べてみるのは大事なことだね!
アウル先生
しかも無料で出来てしまう、自分の市場価値を知らない人はぜひ1度試してみてください!

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

MIIDASを使って無料で市場価値を調べる

-FPの仕事

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.