E 不動産

「不動産の4つ公的価格」の特徴と違いを理解しよう

不動産

アウル先生
今回はFP試験の「不動産」から『不動産の4つの公的価格』について説明するよ!

土地の公的価格

土地の価格は1つだけではなく、複数の価格が付けられています。

アウル先生
中でも、代表的な公的価格(公的な機関が発表している価格)は以下の4つになります。

公示価格

  • 内容:一般の土地取引価格の指標/収用の参考価格
  • 基準日:毎年1月1日
  • 公表日:3月下旬
  • 所轄官庁:国土交通省
  • 評価目安:100%

基準地標準価格

  • 内容:一般の土地取引価格の指標/公示価格を補完する役割
  • 基準日:毎年7月1日
  • 公表日:9月下旬
  • 所轄官庁:都道府県
  • 評価目安:100%

固定資産税評価額

  • 内容:固定資産税、不動産所得税、登録免許税などの課税標準(税金の計算の基礎となる価格)
  • 基準日:1月1日(3年ごとに評価替え)
  • 公表日:3~4月
  • 所轄官庁:市町村
  • 評価目安:70%

相続税評価額

  • 内容:相続税・贈与税の課税標準(税金の計算の基礎となる価格)
  • 基準日:毎年1月1日
  • 公表日:7月上旬
  • 所轄官庁:国税庁
  • 評価目安:80%

建物の公的価格

トラ丸
建物にもこの4つ公的価格があるの?

アウル先生
土地には上記4つの公的価格があるのに対して、建物の公的には「固定資産税評価額」しかありません。

ちなみに、「固定資産税評価額」は新築価格の概ね60%程度となっています。

-E 不動産
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.