E 不動産

「不動産の譲渡所得」の基礎や用語を覚えよう

不動産

アウル先生
今回はFP試験の「不動産」から『不動産の譲渡所得』について説明するよ!

不動産の譲渡所得

個人が不動産を譲渡して利益が出た場合、その利益は課税譲渡所得となります。

この課税譲渡所得の金額に対して、所得税が課税されます。

アウル先生
課税譲渡所得の計算式は次のとおりです。
課税譲渡所得収入金額-(取得費譲渡所得)-特別控除
トラ丸
それぞれの収入金額や各種費用、控除の定義はこちら!

収入金額

不動産を譲渡した金額(売却価格など)

取得費

譲渡した不動産を取得した時にかかった経費(購入価格、手数料、印紙代など)

アウル先生
取得費が分からない場合は、収入金額の5%を概算取得費として計算することもできます。

譲渡費用

不動産を譲渡(売却)したときにかかった経費(手数料、印紙代、立退料など)

特別控除

要件に該当することで特別に控除される金額

<特別控除の要件例>

  • 公共事業などのために土地建物を売った場合(控除額5,000万円)
  • マイホーム(居住用財産)を売った場合(控除額3,000万円)
  • 特定土地区画整理事業などのために土地を売った場合(控除額2,000万円) など

譲渡所得の税率区分

課税譲渡所得の税率は、その不動産の所有期間によって変わってきます。

所有期間が5年以内の場合は短期譲渡所得、所有期間が5年を超える場合は長期譲渡所得に区分されます。

アウル先生
所有期間は、譲渡した年の1月1日時点で5年以内(もしくは5年超)かで判断します。

-E 不動産
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.