D タックスプランニング

「譲渡所得・一時所得・雑所得・山林所得・退職所得」の要点を簡潔に説明していくよ

タックスプランニング

アウル先生
今回はFP試験の「タックスプランニング」から『譲渡所得・一時所得・雑所得・山林所得・退職所得』について説明するよ!

譲渡所得

資産を譲渡した場合の所得が譲渡所得に当たります。

アウル先生
譲渡所得は「①土地・建物等の譲渡」、「②株式等の譲渡」、「③土地・建物、株式等以外の資産の譲渡」によって計算方法が異なります。
<譲渡所得の計算方法>

  1. 土地・建物等の譲渡
    譲渡所得の金額=総収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額
  2. 株式等の譲渡
    譲渡所得の金額=総収入金額-(取得費+譲渡費用+負債利子)
  3. 土地・建物、株式等以外の資産の譲渡
    譲渡所得の金額=総収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額(最高50万円)

一時所得

その他の所得に当てはまらない所得で、営利を目的としない一時的な所得一時所得に当たります。

トラ丸
生命保険・損害保険の満期金や、懸賞の賞金品などが一時所得に当たるよ!
<一時所得の計算方法>
一時所得の金額=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)

雑所得

ほかの9種の所得のいずれにも該当しない所得雑所得に当たります。

アウル先生
雑所得は、「①公的年金等」と「②公的年金等以外」に分けて計算します。
<雑所得の計算方法>

  1. 公的年金等の雑所得
    雑所得の金額=公的年金等の収入金額-公的年金等控除額
  2. 公的年金等以外の雑所得
    雑所得の金額=公的年金等以外の総収入金額-必要経費

山林所得

山林の伐採または譲渡による所得が山林所得に当たります。

トラ丸
ただし、山林の保有期間が5年以下の場合は、事業所得または雑所得になるので注意してね。
<山林所得の計算方法>
山林所得の金額=総収入金額-必要経費-特別控除額(最高50万円)

退職所得

退職したときに受け取る退職手当、一時恩給などが退職所得に当たります。

アウル先生
一時金で受け取る場合は退職所得になりますが、年金で受け取る場合は雑所得になります。
<退職所得の計算方法>
退職所得の金額=(収入金額-退職所得控除額)×1/2
トラ丸
退職所得控除額は勤続年数(20年以下・超)によって計算方法が変わるよ!
<退職所得控除額>

  • 勤続年数20年以下
    40万円×勤続年数(最低80万円)
  • 勤続年数20年超
    800万円+70万円×(勤続年数-20年)

-D タックスプランニング
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.