C 金融資産運用

「株式」の仕組みや取引方法を覚えて株主の権利を手に入れよう

金融資産運用

アウル先生
今回はFP試験の「金融資産運用」から『株式』について説明するよ!

株式の仕組み

株式会社は、投資家(株主)から集めた資金を使って事業を行い、その事業で得た利益を投資家(株主)に還元するというのが基本的な流れです。

株を発行して集めた資金は、銀行からの借入や債券と違い返済義務がありません。

そのため、株式会社に出資した資金は返済されませんが、その代わりに市場を通じて売買をすることができます。

アウル先生
株式は、その会社の業績、業界動向、国内外の景気、需給関係などの要因により価格が変動する代表的な金融商品と言えます。

株式の取引方法

トラ丸
株式の取引ってなんだか難しそう…
アウル先生
今はネット証券などを使えば簡単に取引ができるよ!ただし、株取引にはいくつかルールがあるから覚えておこう!

株式の売買注文

売買の注文をする際は、以下の注文内容を提示します。

  • 銘柄名(株を売買する企業名)は何か
  • 「買い」「売り」のどちらの注文か
  • 株数はいくつか
  • 値段はいくらか
  • 「指値注文」「成行注文」
【指値(さしね)注文と成行(なりゆき)注文】
指値注文:買う(売る)値段を指定して注文する方法
成行注文:値段を指定しない注文方法(そのときに出ている最も低い(高い)価格の売り注文(買い注文)に対応して即座に注文が成立する)

取引単位

取引単位は、銘柄ごとに決められた1単元ごとの取引となります。

トラ丸
一般的には100株を1単元としているよ!

通常は1単元につき、1議決権が付与されます。

株主の権利

企業の株主になると、次の3つの権利を得ることができます。

  1. 経営参加権:株主総会に参加して、持ち株数に応じた議決権を行使できる権利
  2. 利益配当請求権:会社から配当金(利益の還元)を受けられる権利
  3. 残余財産分配請求権:会社が解散した時、残った財産の分配を受けられる権利

-C 金融資産運用
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.