B リスク管理

「保険の契約者を守るための制度」ってどんなものがあるの?

リスク管理

アウル先生
今回はFP試験の「リスク管理」から『契約者保護制度』について説明するよ!

保険の契約者保護制度(契約者を守るための制度)とは?

保険契約に関する事柄は難しいことが多いため、顧客(契約者)だけでは判断がつきにくいケースも多々あります。

アウル先生
そんな不利な立場になりやすい契約者を保護するための制度がいくつかあるので、紹介していきます!

保険業法

保険業法は、保険業を営む者が遵守すべき法律で、契約者等の利益の保護や、保険会社が行う事業が健全かつ適切に運営されることを目的としています。

トラ丸
保険業法における募集禁止行為には以下のようなものがあるんだって!
<募集禁止行為>

  • 虚偽の説明・重要事項の不告知
  • 告知妨害・不告知を勧める行為
  • 不当な乗換え募集
  • 特別利益の提供
  • 不当な比較表示 など
アウル先生
ちなみに、保険契約における「告知」とは、被保険者(契約の対象となる人)の健康状態や過去の病歴、職業などについて保険会社に知らせることをいいます。もし、虚偽の事実を告げたりした場合には「告知義務違反」となり、万が一の場合は保険金や給付金が受けられなくなったり、生命保険契約が解除される場合があります。

クーリング・オフ制度

保険を申し込んだ人は…

  • 保険契約の申込日
  • 契約の申込みの撤回などについての事項を記載した書面を受け取った日

上記のいずれか遅い日から、その日を含めた(原則)8日以内に書面により契約の申込みを撤回することができます。

ただし、以下の場合はクーリング・オフができないから注意してね!

<クーリング・オフ制度の適用除外>

  1. 医師の診査が終了した申込み
  2. 営業・事業のための申込み
  3. 保険期間が1年以内の申込み
  4. 法令により加入が義務付けられている申込み(自賠責保険など)
  5. 既契約の内容変更(特約の中途付与、更新、増額、復活など)の場合

ソルベンシー・マージン比率

ソルベンシー・マージン比率とは、大災害などの“通常想定しているリスクを超えるようなリスク”に対する保険会社の支払能力(財務体質の健全性)を判断する指標です。

一般的に、この比率が200%以上あることが健全性の目安になるとされています。

もし200%を下回った場合、監督官庁である金融庁は、保険会社に対して経営改善命令や業務停止命令を出すことができます。

保険契約者保護機構

保険契約者保護機構は、保険会社が破綻した場合に、保険契約の継続・契約者の保護を図ることを目的に設立されました。

保険契約者保護機構では、破綻した保険会社の保険契約の継続を支援し、保険契約の引継ぎなどを円滑に行うため、救済保険会社(受け皿となった保険会社)に資金援助を行ったり、自らが破綻保険会社の保険契約の引受けなどを行います。

トラ丸
国内で営業する全ての生命保険会社、損害保険会社に加入が義務付けられているんだって!
アウル先生
ただし、共済、少額短期保険業者の契約は適用対象外となっているから注意してね!

-B リスク管理
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.