E 不動産

「建ぺい率と容積率」それぞれの意味と違いが分かるようになろう

不動産

アウル先生
今回はFP試験の「不動産」から『建ぺい率と容積率』について説明するよ!

建ぺい率とは?

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合のことをいいます。

建ぺい率(%)=建築面積(㎡)/敷地面積(㎡)×100

建ぺい率の最高限度は、「指定建ぺい率」として、各自治体が用途地域別に定めています。

トラ丸
例えば、面積100㎡の敷地に、建築面積60㎡の建築物を建てた場合、「建築面積60㎡/敷地面積100㎡×100」で建ぺい率は60%ということになるんだね!
アウル先生
ちなみに、人が中に入れる物置や、カーポート等も建築面積に含まれる可能性があるので注意してください。

容積率とは?

容積率とは、敷地面積に対する延床面積の割合のことをいいます。

容積率(%)=延床面積(㎡)/敷地面積(㎡)×100

建ぺい率と同様に、容積率の最高限度は「指定容積率」として、各自治体が用途地域別に定めています。

トラ丸
例えば、面積100㎡の敷地に、延床面積200㎡の建築物を建てた場合、「延床面積200㎡/敷地面積100㎡×100」で容積率は200㎡ということになるね!
アウル先生
ちなみに、建ぺい率・容積率は、防火上の理由や、住環境配慮(日照やプライバシー)を目的として設けらています。

-E 不動産
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.