C 金融資産運用

「金融政策」の概要と3つの手法(公定歩合操作、公開市場操作、預金準備率操作)を学ぼう

金融資産運用

アウル先生
今回はFP試験の「金融資産運用」から『金融政策』について説明するよ!

金融政策ってなに?

金融政策とは、中央銀行(日本の場合は日本銀行)が、物価の安定を図り国民経済の発展を助けるために行う、金融面からの経済政策のことです。

アウル先生
具体的には、長短金利の誘導や、資産の買入れ等を行っています。

金融政策の手段には主に「公定歩合操作」、「公開市場操作」、「法定準備率操作」の3つがあります。

公定歩合操作

公定歩合操作とは、日本銀行が公定歩合(民間銀行に資金を貸す際の金利)を変化させて、通貨量を調整することです。

トラ丸
公定歩合を上下させることで、市場に出回るお金を調整することができるんだ!
  • 公定歩合を上げる ⇒ 民間銀行が日本銀行からの借入を減らす ⇒ 市場に出回るお金が減る
  • 公定歩合を下げる ⇒ 民間銀行が日本銀行からの借入を増やす ⇒ 市場に出回るお金が増える

公開市場操作

公開市場操作とは、短期金融市場(国債などの売買)を通じて、通貨量を調整することです。

公開市場操作には、買いオペ売りオペの2種類があります。

買いオペ

民間銀行が保有している債券を日本銀行が買い取り、市場の通貨量を増加させます。
その結果、市場に通貨が出回り金融が緩和され、金利が低下します。

売りオペ

日本銀行が保有している債券を民間銀行に売り出すことで、市場から通貨を吸い上げます。
その結果、市場の通貨が減少され金融が引き締められることで、金利が上昇します。

預金準備率操作(支払準備率操作)

日本銀行は民間銀行の預金などを、ある一定の割合で日本銀行に預け入れさせています。

その預け入れの割合(預金準備率、支払準備率)を変化させ、貸出しに回す資金量を調整することで金融の緩和・引き締めを行う政策です。

-C 金融資産運用
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.