A ライフプランニングと資金計画

「公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)」の基本と加入者について

ライフプランニング・資金計画

アウル先生
今回はFP試験の「ライフプランニングと資金計画」から『公的年金』について説明するよ!

公的年金とは?

公的年金には3つの種類があり、日本国内に住所のあるすべての人が加入を義務づけられています。

トラ丸
公的年金は、その人の働き方によって加入する年金制度が決まっているよ!
  1. 国民年金:日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人
  2. 厚生年金:厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人
  3. 共済年金:公務員・私立学校教職員など

「国民年金」の簡単な説明

国民年金は、国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人が加入するもので、老齢・障害・死亡により“基礎年金”を受けることができます。

国民年金に加入する人は、「第1号被保険者」、「第2号被保険者」、「第3号被保険者」の3種類に分かれています。

第1号被保険者

農業等に従事する、学生、フリーター、無職の人などが該当します。

第2号被保険者

会社員(厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務している人)は、自動的に国民年金にも加入します。

第3号被保険者

第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人が該当します。

※ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。

「厚生年金」の簡単な説明

厚生年金保険に加入している人は、上記の国民年金に加入する第2号被保険者に分類され、国民年金の給付である「基礎年金」に加え、「厚生年金」も受けることができます。

「共済年金」の簡単な説明

共済(組合)制度は、国家公務員、地方公務員や私立学校の教員などとして常時勤務する人などが該当します。

アウル先生
公的年金には「国民年金」、「厚生年金」、「共済年金」3種類があることを押さえておこう!

-A ライフプランニングと資金計画
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.