C 金融資産運用

「金融商品のセーフティネット」として預金保険制度、投資者保護基金、金融ADR制度を覚えておこう

金融資産運用

アウル先生
今回はFP試験の「金融資産運用」から『金融商品のセーフティネット』について説明するよ!

預金保険制度とは?

預金保険制度は、金融機関が万が一破綻した場合に、預金者等の保護資金決済の履行の確保を図ることによって、信用秩序を維持することを目的とした制度です。

日本国内に本店を置く金融機関はこの預金保険制度への加入が義務付けられています。

実際に金融機関が破綻した場合、銀行に預けていた預金は、預金者1人当たり、1金融機関ごとに合算(口座が複数ある場合はその合計金額)され、元本1,000万円とその利息が保護されます。

トラ丸
元本1,000万円までの預金は利息も含め、銀行が破綻されても保護されるんだね。良かった!
アウル先生
元本1,000万円を超える部分は、破綻した金融機関の残余財産の状況に応じて支払われるため、一部支払われない可能性があります。

ただし、決済用預金(無利息、要求払い、決済可)は全額が保護されます。

(参考)決済用預金
決済用預金の具体例として、当座預金利息のつかない普通預金などが挙げられます。
アウル先生
注意点として、外貨預金譲渡性預金(DC)などは預金保険制度の対象とならないので気を付けてください。

預金保険制度の対象となる商品(全額保護)

普通預金(無利息)・当座預金など

預金保険制度の対象となる商品(元本1,000万円までとその利息)

普通預金(利息付)・定期預金・定期積金・貯蓄預金・別段預金・通知預金・元本補てんのある金銭信託など

預金保険制度の対象とならない商品

外貨預金・譲渡性預金・架空名義の預金・他人名義の預金・金融債など

投資者保護基金

証券会社等は、投資家から預け入れた資産(金銭や株式、債券などの有価証券)を分別管理(証券会社と投資家の財産を分けて管理)することにより、投資家の資産を保全しています。

分別管理が守られている限り、万が一、証券会社等が破たんしてしまっても、基本的には投資家の資産に影響はありません。

トラ丸
でも、もし証券会社等が分別管理をしていなかった場合はどうなってしまうの?
アウル先生
そこで、投資者保護基金が登場します!

投資者保護基金は、証券会社が破綻してしまい、しかも分別管理の義務に違反したことによって、投資家の資産の返還が円滑に行われない場合に、投資家1人当たり上限1,000万円までの補償を行ってくれます。

金融ADR制度

ADR(Alternative Dispute Resolution)とは、裁判によらない紛争解決手段を意味しています。

金融ADRは、①金融機関と利用者とのトラブル(紛争)を、②業界ごとに設立された金融ADR機関において、③中立・公正な専門家(弁護士などの紛争解決委員)が和解案を提示するなどして、④裁判以外の方法で解決を図る制度です。

アウル先生
例えば、「金融機関の人が絶対に儲かると言っていた商品を買って大損した。元本割れするということも聞いていない!」「保険金を受け取ったけど、金額が契約金額より少ない!」などといったトラブルを解決する制度です。
トラ丸
裁判をするよりも時間がかからなかったり、費用も安く済む可能性があるんだね!

金融ADR機関は業態ごと(銀行業務、生命保険業務など)に設立されています。

-C 金融資産運用
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.