D タックスプランニング

「所得税の基礎」で最初に税金のイメージを掴んでおこう

タックスプランニング

アウル先生
今回はFP試験の「タックスプランニング」から『所得税の基礎』について説明するよ!

所得税とは?

所得税とは、個人が得た所得に対してかかる税金のことです。所得とは、個人が1年間に得た収入から、その収入を得るのに必要となった経費の分を差し引いた金額(利益)のことをいいます。

トラ丸
単純に収入にかかってくるわけではなく、収入から経費を引いた利益の部分にかかるのがポイントなんだね!

所得税の特徴

所得税には、次のような特徴があります。

<所得税の特徴>

  1. 個人単位課税
    所得を得た個人ごとに課税されます。
  2. 暦年単位課税
    1月1日から12月31日までの1暦年の所得に対して課税されます。
  3. 所得の分類
    所得の種類(10種類)によって区分され、それぞれ計算方法が異なります。
  4. 総合課税と分離課税
    10種類に区分した所得の合計をもとに税額を計算する「総合課税」と、他の所得金額と合計せずに分離して税額を計算する「分離課税」があります。
  5. 超過累進税率
    課税総所得金額に応じてその率が異なります(所得が高くなると税率も高くなります)。
  6. 申告納税方式
    翌年2月16日から3月15日の期間に申告・納税を行います。
  7. 源泉徴収制度
    会社員などの場合、企業(源泉徴収義務者)が税金を天引きし、従業員(納税者)に代わって納付することができます。

所得税が非課税になるもの

個人が得た所得の中でも、担税力(たんぜいりょく:税金を負担できる能力)や社会政策上により、非課税となっている所得があります。

アウル先生
非課税所得には次のようなものがあります。
<非課税となる所得>

  • 通勤手当(月額15万円まで)
  • 出張および転勤の旅費で通常必要なもの
  • 公的年金のうち障害・遺族給付
  • 雇用保険の失業給付
  • 宝くじの当選金
  • 損害賠償金 など

-D タックスプランニング
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.