F 相続・事業承継

「相続税の計算」は4つのステップで進めていこう

相続事業承継

アウル先生
今回はFP試験の「相続・事業承継」から『相続税の計算』について説明するよ!

相続税の基礎控除

相続税には、基礎控除が設けられていて、基礎控除額の範囲内であれば原則、相続税はかかりません。

相続税の基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数
アウル先生
上記の計算式は、平成27年(2015年)1月1日以降に相続が開始した場合に適用されます。

相続税の計算の流れ

相続税の計算は、次の4つのステップで進めていきます。

ステップ①:各人の課税価格の計算

相続や遺贈および相続時精算課税の適用を受ける贈与によって財産を取得した人ごとに、課税価格を計算します。

ステップ②:相続税の総額の計算

ステップ①で計算した各人の課税価格を合計して、課税価格の合計額を計算します。

各相続人の課税価格の合計 = 課税価格の合計額

課税価格の合計額から基礎控除額を差し引き、課税される遺産の総額を計算します。

課税価格の合計額-基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)=課税遺産総額

ステップ③:相続税額の算出

ステップ②で計算した課税遺産総額を、いったん法定相続分で分割したものとして各人の税額を算出し、合計の相続税額を算出します。

ステップ④:納税額の算出

最後に、相続税額全体を相続人各人の相続分に按分して納税額を算出します。

トラ丸
相続税の計算って難しいんだね。
アウル先生
特に最初は難しいから、上記のように段階を踏んで覚えると良いよ!

-F 相続・事業承継
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.