E 不動産

「都市計画法」による地域区分を覚えていこう

不動産

アウル先生
今回はFP試験の「不動産」から『都市計画法』について説明するよ!

都市計画法とは?

都市計画法とは、地方自治体が計画に基づいて、都市の発展を推進し、秩序ある街づくりの整備を進めていくために定めらている法律です。

アウル先生
土地・建物の利用や規制に関するルールなどが規定されています。

都市計画法では、次のように地域を区分し、地域ごとに制限などをかけています。

都市計画区域

一体的総合的に整備・開発する地域を「都市計画区域」、都市計画区域以外の地域を「都市計画区域外」として区分けしています。

トラ丸
都市計画区域は、都道府県が指定するよ!
アウル先生
ただし、複数の都道府県にまたがる場合は国土交通大臣が指定します!

市街化区域と市街化調整区域

都市計画区域については、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るために必要があるときは、都市計画に市街化区域市街化調整区域との区分を定めることができます。

市街化区域

既に市街地を形成している区域、概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域

市街化調整区域

市街化を抑制するべき区域

用途地域

市街化区域には、次の12種類の用途地域が必ず定められています。

  • 住居系
    ・第一種低層住居専用地域
    ・第二種低層住居専用地域
    ・第一種中高層住居専用地域
    ・第二種中高層住居専用地域
    ・第一種住居地域
    ・第二種住居地域
    ・準住居地域
  • 商業系
    ・近隣商業地域
    ・商業地域
  • 工業系
    ・準工業地域
    ・工業地域
    ・工業専用地域
アウル先生
用途地域によって、建物の用途や規模などに制限があります。

都市計画図

都市計画図には、各自治体で定められた都市計画の内容が記載されています。

トラ丸
都市計画図は「市街化区域・市街化調整区域の区分、用途地域、建ぺい率・容積率、防火指定」などが記載されていて、誰でも見ることができるよ!

-E 不動産
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.