E 不動産

「土地活用の方法」を特徴とともに解説していくよ

不動産

アウル先生
今回はFP試験の「不動産」から『土地活用の方法』について説明するよ!

土地活用の必要性

もし、土地という資産を持っていたとしても、その資産を上手に活用しなければ意味がありません。

土地によっては、整備する費用や固定資産税などといったランニングコストがかかってしまうため、むしろ負債化してしまう可能性もあります。

トラ丸
でも、具体的にどうやって活用すれば良いんだろう?
アウル先生
まずは、土地を活用するための様々な手法を覚えましょう!

土地活用の方法

土地活用の1つとして、建物を建築して収益化を図る方法があります。

アパート・マンション経営

(地域にもよりますが)一定の需要が見込め、比較的長期にわたる家賃収入が期待できます。
また、税制の優遇効果なども得ることができます。

一方、空室になると収入が大きく下がったり借地借家法により一方的な立ち退きが困難などといったデメリットがあります。

駐車場経営

駐車場経営は、土地活用の中でも比較的ローリスクと言われています。

少ない初期投資で始められ、契約期間も短めとなっていることが多いのが特徴です。

手軽な反面、あまり大きな収益は期待できないことが多いです。また、固定資産税などの軽減措置がありません。

ビル・商業施設

企業などがテナントとして入るので、収益性が高いのが特徴です。

一方、需要が景気に左右される点や、初期投資に莫大な資金が必要になってくる点がデメリットです。

ロードサイド店舗

幹線道路沿いの店舗で、コンビニや外食チェーンなどが入ることが多いため、高い収益性が期待できます。

一方、バイパスの新設などによる退去リスクや、テナントが退去した時の収入の減少が大きい点などがデメリットです。

太陽光発電

太陽光発電は、都市部や駅近といった好立地でなくとも収益化を見込める土地活用の方法です。
賃貸需要のない土地や、地価の低い土地を有効活用することができます。

一方、売電価格が変動してしまうリスクや、電力会社が買取制限を行う可能性があるといったリスクがあります。

-E 不動産
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.