C 金融資産運用

「投資信託」の仕組みと3つの手数料を覚えておこう

金融資産運用

アウル先生
今回はFP試験の「金融資産運用」から『投資信託』について説明するよ!

投資信託とは?

投資信託(契約型投資信託)とは、「①多くの投資家から集めた資金をまとめて、②運用の専門家がまとまった資金を運用・管理し、③運用の成果を持分に応じて投資家に還元する」といった仕組みの金融商品です。

アウル先生
契約型投資信託は次の3者によって構成されています。
  1. 委託者(運用者):投資信託委託会社/受託者に対して信託財産の運用指図を行います
  2. 受託者(保管者):信託銀行/信託財産を保管・管理します
  3. 受益者(投資家):投資家/収益の分配を受けます

投資信託の売買にかかる手数料

投資信託を売買する際には、主に3つの手数料がかかります。

販売手数料

投資信託の購入時にかかる手数料です。投資信託によって上限は決まっていますが、販売会社(銀行や証券会社)によっては手数料が異なります。

アウル先生
この販売手数料が無料となっている投資信託をノーロード投信と呼びます。

信託報酬

投資信託を保有している間(購入してから売却するまで)にかかる手数料です。投資信託を運用する上で必要となる経費や運用会社に対する報酬などが含まれます。

信託財産留保額

投資信託を売却・解約する時にかかる手数料です。投資信託や保有期間によって信託財産留保額がかかる場合とかからない場合があります。

トラ丸
投資信託を買う際は、3つの手数料がどれくらいかかるか事前に確認しておかないとね!

-C 金融資産運用
-,

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.