FP試験について

FP(ファイナンシャル・プランナー)ってどんな資格?

ライフイベント

アウル先生
FP(ファイナンシャル・プランナー)という名前を聞いたことがある人は多いかと思いますが、具体的にどんな職業なのか分かりますか?

“FP(ファイナンシャル・プランナー)”とは、顧客のライフプランニングをもとに、資金計画のアドバイスを行う専門家のこと。

お金に関する知識をそなえ、相談者の夢や目標が叶うよう、アドバイザーとなって助言をしたり、サポートをするのがFP(ファイナンシャル・プランナー)のお仕事です。

トラ丸
FP(ファイナンシャル・プランナー)はお金の専門家なんだね!

そんなFP(ファイナンシャル・プランナー)について、「どんな資格なのか?」を徹底解説していきます!

FP(ファイナンシャル・プランナー)の役割と需要

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、相談者のライフスタイルや価値観などを踏まえながら、家族状況、収入・支出の内訳、資産、負債、保険など、あらゆるデータを収集・分析します。

そして、長期的かつ総合的な視点でアドバイスや資産設計を行い、その実行をサポートしていきます。

<FPが受ける相談テーマの例>

  • 家計管理の相談
  • 保険の見直し
  • 老後の生活設計
  • 資産運用の相談
  • 住宅資金やローンの相談

また、上記の問題を1人では解決できない場合は、外部専門家(弁護士、税理士、社会保険労務士、銀行、証券会社など)と相談をしながら、ファイナンシャル・プランニングを進めていきます。

どんな人が受けるの?

参考書

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、金融関係の仕事に就いていてスキルアップを図りたい人や、自己啓発として取得する人が多い資格です。

身近だけど意外と知らないお金の知識が得られるため、幅広い世代から人気を集めている資格です。

トラ丸
資格の中では知名度も高く、名刺に記載している人も多いよ!

業種別にみる特徴

詳しいデータは、日本FP協会が発表している「データで見るFP資格」(外部サイト)から、業種別・年代別の特徴を見てみましょう。

2018年8月現在、業種別属性は次のようになっています。

<業種別属性>

  1. 生保・損保22%
  2. 証券18%
  3. 事業会社14%
  4. 学生・主婦・その他13%
  5. 銀行・金融11%
  6. FP事務所・士業事務所7%
  7. 不動産・住宅6%
  8. 協同組合5%
  9. 官公庁・自治体・団体4%

金融関係はもちろん、様々な業種の人が受験しているのが分かります。

また、ビジネスマンだけではなく、自己啓発やスキルアップを図りたい主婦の方や、就職活動で差を付けたいと考える学生にも人気があります。

トラ丸
自己啓発・スキルアップ・教養学習といろいろな目的で取る人が多いんだね!
アウル先生
「お金」は現代社会において必要不可欠。その「お金」の知識は様々な場面で役に立つので、学んでおいて損はしません!

年代別にみる特徴

FPになる人は、どのくらいの年代の人が多いのでしょうか?

同じく「データで見るFP資格」(外部サイト)から2018年8月現在のデータを見てみましょう!

<年代別属性>

  1. 40歳代32%
  2. 50歳代30%
  3. 30歳代18%
  4. 60歳以上13%
  5. 10~20歳代7%

このように、40歳代・50歳代が約6割を占めています。

ただし、上記の数字はあくまでもAFP・CFPの資格を持っている人の年代です。

例えば、3級FP技能士の場合ですと、実際の試験会場ではもう少し若い年代の方(20~30歳代)が多いように見えます。

<受験者の男女比は?>
データでは出てきませんが、男女比は男性の方がやや多いかな?という印象です。
しかし、女性の方も結構多いので、極端な偏りはなくバランスは良い方だと思います。

FP(ファイナンシャル・プランナー)の試験内容

FP試験には「1級ファイナンシャル・プランニング技能士」、「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」、「3級ファイナンシャル・プランニング技能士」3つの等級があります。

アウル先生
1級が最も難しく、3級は初学者向けの内容となっています。

また、FP試験にはそれぞれの等級に「学科試験」「実技試験」があり、学科試験と実技試験の両方に合格することで、「〇級ファイナンシャル・プランニング技能士」の資格を得ることができます。

トラ丸
ちょっと待って!「実技試験」って面接試験とかがあるの?自信ないな~。
アウル先生
大丈夫!「実技試験」と言っても、事例を使った記述式(〇×問題などもあり)の問題なので、学科試験の延長のような感覚で受けることができます。
トラ丸
良かった~!筆記試験なら頑張って勉強すれば何とかなりそう!

それでは、「学科試験」「実技試験」の特徴を見ていきましょう!

学科試験

FP試験の「学科試験」は、マークシート方式による筆記試験の形で行われます。

問題の形式は以下のようになっています。

  • 3級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、「〇×式」、「三答択一式」の問題が合計60問。
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、「四答択一式」の問題が60問。
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、【基礎編】【応用編】に分かれていて、【基礎編】「四答択一式」の問題が50問、【応用編】「記述式」による筆記試験が5題。

合格基準2級・3級ファイナンシャル・プランニング技能検定60点満点中、36点(6割)で合格となり、1級ファイナンシャル・プランニング技能検定200点満点中、120点以上(6割)で合格となります。

トラ丸
試験範囲はどうなっているの?
アウル先生
ファイナンシャル・プランニング技能検定の学科試験は、以下の試験範囲から出題されます!
  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

試験ではこの6つの分野から概ね均等に問題が出題されます。

この試験範囲から分かるように、FP試験ではお金に関する幅広い知識が求められます。

実技試験

FP試験の「実技試験」は、2級・3級ファイナンシャル・プランニング技能検定は筆記試験の形で、1級ファイナンシャル・プランニング技能検定は口頭試問方式または筆記(記述式)で行われます。

また、実技試験には等級ごとにそれぞれ次の種類の試験が用意されています。

  • 3級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、「①個人資産相談業務」、「②保険顧客資産相談業務」、「③資産設計提案業務」
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、「①個人資産相談業務」、「②中小事業主資産相談業務」、「③生保顧客資産相談業務」、「④損保顧客資産相談業務」、「⑤資産設計提案業務」
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、「資産相談業務」、「資産設計提案業務」

上記のいずれかの試験に受かれば、実技試験は合格したことになります(すべての種類を受験する必要はありません)。

ちなみに、合格点は学科試験と同様、6割以上の点数で合格となります。

トラ丸
どの種類の試験を受けたら良いんだろう?
アウル先生
自分の得意な分野の試験や、学習することで将来の役に立ちそうな試験を受けると良いよ!例えば、生命保険会社に勤務している場合は「生保顧客資産相談業務」がオススメです!
トラ丸
特に得意な分野がない場合はどうしたらいい?
アウル先生
その場合は「個人資産相談業務」がオススメ!分野に偏らず、様々な知識が学べるよ!受験者数が1番多いのも「個人資産相談業務」なんだ。

FPの難易度・合格率は?

さて、ここまではFP試験の内容を見てきましたが、難易度合格率はどうなっているのでしょうか?

トラ丸
FP試験ってやっぱり難しいのかな?
アウル先生
もちろん勉強する必要はあるけど、3級は初学者向けの内容になっているので難易度は易しめだよ!
まずは3級に挑戦してみて、さらに学習したい人は2級や1級に挑戦してみると良いよ!
トラ丸
よし!迷ってても仕方ないから、とにかくチャレンジしてみよう!ところで、試験の合格率はどのくらいなんだろう?

FP試験の合格率は実施回によって若干異なりますが、概ね安定して推移しています。

3級の合格率の推移

<学科試験の合格率>(※きんざい実施分)
2018年9月実施 : 61.64%
2018年5月実施 : 57.84%
2018年1月実施 : 65.34%

<実技試験の合格率>
【個人資産相談業務】
2018年9月実施 : 51.46%
2018年5月実施 : 71.20%
2018年1月実施 : 67.13%

【保険顧客資産相談業務】
2018年9月実施 : 34.32%
2018年5月実施 : 35.69%
2018年1月実施 : 42.98%

【資産設計提案業務】(※日本FP協会実施)
2018年9月実施 : 86.50%
2018年5月実施 : 90.47%
2018年1月実施 : 89.07%

2級の合格率の推移

<学科試験の合格率>(※きんざい実施分)
2018年9月実施 : 21.45%
2018年5月実施 : 28.24%
2018年1月実施 : 28.53%

<実技試験の合格率>
【個人資産相談業務】
2018年9月実施 : 20.47%
2018年5月実施 : 23.87%
2018年1月実施 : 31.72%

【中小事業主資産相談業務】
2018年9月実施 : 41.97%
2018年1月実施 : 47.56%
2017年9月実施 : 49.95%
(※毎年1月、9月のみ実施)

【生保顧客資産相談業務】
2018年9月実施 : 37.42%
2018年5月実施 : 45.47%
2018年1月実施 : 50.20%

【損保顧客資産相談業務】
2018年9月実施 : 54.61%
2017年9月実施 : 72.35%
2016年9月実施 : 60.51%
(※毎年9月のみ実施)

【資産設計提案業務】(※日本FP協会実施)
2018年9月実施 : 50.52%
2018年5月実施 : 51.68%
2018年1月実施 : 57.45%

1級の合格率の推移

<学科試験の合格率>
2018年9月実施 : 8.24%
2018年1月実施 : 14.52%
2017年9月実施 : 10.41%

<実技試験の合格率>
【資産相談業務】
2018年6月実施 : 85.40%
2018年2月実施 : 86.45%
2017年6月実施 : 86.50%

【資産設計提案業務】(※日本FP協会実施)
2018年9月実施 : 71.3%
2017年9月実施 : 88.1%
2016年9月実施 : 87.0%


 

FP試験は“身近にあるけど意外と知らないお金の知識”が身に付く資格です。

お金の知識を知っているのと知らないのとでは、人生設計に大きな差が出てくることもあります。

職業によってはお客さんのためになるのはもちろん、自分自身のためにも学んでおいて損はありません(むしろ得できるかも?)。

ここ数年、非常に人気が高いのも頷けるのではないでしょうか?

ぜひ、このサイトを参考にして合格を目指してみてください!

トラ丸
僕たちと一緒に頑張ろう!
アウル先生
私も精一杯、お手伝いさせていただきます!

-FP試験について

Copyright© FP スタディ・ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.